山が好き メシが好き

アクセスカウンタ

zoom RSS La Sportiva Nepal Cube GTXを買っちまった 個人輸入

<<   作成日時 : 2014/12/05 00:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

冬靴ほしー

画像


今年新登場のSportivaの新作
名靴の名をほしいままにしたNepal Evoの後継

Nepal Cube GTX

これ、まだ登山用品店でも実物見たことない、店頭在庫も薄いのかな?
ネットでも並行輸入以外はあまり見かけない

一応Sportivaの日本の公式サイトでは2014年秋発売となっている
そのお値段 85,000円(税別)
てことは税込みで91,800円

たっけー
いくらユーロ高とはいえ、この値付け、どんだけ代理店は暴利をむさぼってるんだ

と並行輸入品を見てみると、amazonでは14万円
はぁ? もはや登山靴の価格帯突き抜けてる

で、肝心の本国でのお値段はというと439ユーロ
147円換算だと64,000円くらいだが、VATが22%なので税抜きだと341ユーロくらい
日本円では約50,000円だな

むむ、ヨーロッパで5万の靴が日本だと91,800円
なんとか安く買う方法はないものかといろんなサイトを調べてみた

まず、米国のサイト
backcountrygearとかe-omcとかが有名

ところが、Sportivaは輸出禁止ブランドなんですね、どのサイトを見てもNG
輸入代行業者を使うことも考えないわけじゃないが、UPSで日本まで6,000円くらい送料がかかる
ドル価格も575ドルだし決してお得感はない

そんな時に発見したのがtrekkinnというスペインのサイト
ここ、最近お世話になる機会が多いのだが、本当に安い

送り先が日本の場合、値段設定が日本円表記になる
円単位の表記が銭単位まで載っていて胡散臭いことこの上ないのだが、まぁそこはご愛嬌

で、このサイトではいくらかというと、なんと
商品代金: 48077\
割引:  2403 \
送料:  2873 \
総額: 48547\

割引はネット検索で簡単にクーポンコードがゲットできたので5%引き成功
配送はDHLなので早いし確実なのだが、問題は関税
郵便局と違って通関代行業者でもあるDHLは100%課税される
その点、郵便局はスピードは遅いのだが関税に関しては抜き取りなので運がいいと課税を免れることがある

予想される関税額は
48,077円 × 60% × 30% = 8,653円
60%は課税標準で大体インボイス価格の60%と決まってる
30%は革靴の税率

これにさらに消費税8%と通関手数料1,080円が加わる
すると大雑把に計算しても12,000円位は加算されるだろうと踏んでいた

待つこと4日、日本ではDHLの宅配代行をしている佐川急便が我が家に荷物を持ってやってきた
待ってましたよ佐川さん、関税はおいくらですかと訊ねると

「5,380円です」
え?それだけ?
「そうですよ、代金引き換えで5,380円」
まじ?なんかの間違いかもしれないけど佐川急便はそんなの知ったこっちゃない
ラッキー!
画像

というわけで、どういう税率が適用されたか知らんが手数料も消費税もぜ―んぶ込みで5,380円という信じられん税額で済んだのでした
画像

画像

で、さっそく履いてみたのですが...
サイズは43でぴったんこ、trangoで43が自分にジャストフィットなのは実証済み
画像


うれしいことにスペアのタンも同梱されてる
画像

ソールはお決まりのビブラム、インパクトブレーキシステム

これが送料、関税すべて込みで53,927円、日本でまともに買うよりも37,873円安くゲット
いやーいい買い物できました
これ履いてはやく山に行くぞ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
La Sportiva Nepal Cube GTXを買っちまった 個人輸入 山が好き メシが好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる