La Sportiva EVO GTXのソールを張り替えてみた

これ履いてる人多いですよね
画像

3年ぐらい前からホント山で見かけることが多くなった

北アルプスなんかだと5人に1人はSportiva
もっと前だとシリオが北アを席巻してたけど流行りものってすごい

でもまたはきごごちも秀逸なのも事実
軽いし、岩場で立ちこんでも安定感あるし

そんなEVO GTX、泣き所はソール
ご存知ビブラムソールなのだが、ムラツというクライミングゾーンがフィーチャーされた岩場を得意とするソール

岩場ではいいのだが普通の登山道だととにかく減るのが早い
てか薄いんだろうな

なので2シーズンまともにはけない、2年でソール張り替えないとこりゃめくれるぞって感じになる
へたれるのはソールだけじゃなくてラウンドラバーと呼ばれる周りのゴム
ここもだんだんめくれてきて雨なんかはいりこんで加水分解の原因になる

でさっそく好○山荘行ってソール張り替えしてきた、もちろんラウンドラバーも張り替えてくださいって

この時期ソール張り替えのオーダーが多いらしく納期は約1か月といわれたが
実際は3週間くらいだったか

ソールは全くの新品になって見違えるよう
画像

ベロベロになってたラウンドラバーもバッチリ
ちょっとマットな感じになったかな
画像

これでコストは17,200円、ちょっとしたトレッキングシューズが新品で買えちゃう
でもこの靴好きなんだよな
画像

あと2年は履けるな、またこれでいっぱい山行こうな

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック