究極の冬山グローブ

冬山始めてわかったこと
それはグローブの重要性

凍傷で指を失いたくなければグローブシステムも相応にしっかりしたものにしないとね

最初の赤岳(年末に登った)では

インナーグローブ ミズノ ブレスサーモ・インナーニットグラブ
アウターグローブ ノースフェイス KELVIN Glove


これで十分あたたかいのだが、不満というかこれはちょっと改善しなくてはと思ったのが

・行者小屋あたりまでだとアウター不要
・だけどブレスサーモだけではちょと寒い
・ブレスサーモでベルクロは触れない

要するにKELVIN Globeってやつはペラペラアウターではないのでこれだけでもいいのだが、それだと稜線出た時に耐えられない
インナーはマストだけども、薄いやつじゃないと入らない
でも薄いインナーだけだと寒い

うーん、手袋のレイヤリングって難しい、行く山域、雪質、その日の天候にも左右される

いずれにしても冬山で手袋なしでカメラ操作を行ったりするのは絶対NG
かといってアウターしてるとカメラ操作なんてほぼ無理
インナーだけなら操作はできるが、それだけだと指失くす

他に何かできそうなものだが、と登山界のデファクトなるグローブを探していた

HELLAS(エラス) mountain
画像

なになに、脱脂してないウールを使ってるだと?
脱脂してないとどうなるか、雪に触っても弾くんだな、パンパンと叩けば雪は落ちる
そしてしっかり編みこんであるウール、アウターなくてもダントツ暖かい

そして5本指なので細かい操作もOK
さすがに稜線に出ると寒いのでアウターが必要だが、ペラのアウターグローブで十分

さらに寒い場合はインナーをエラスの下にはめることもできる
うん、これで隙がないグローブシステムのように思う

ところがこの未脱脂のウール、水に濡らすと激しく縮むらしく、店のオヤジからは9.5号を勧められた
これってXXL並みの大きさ

「新品でちょうどいいサイズ買うと絶対後悔するから」
その言葉信じよう

で、そのHELLASの出番なのだが本日現在まだ使ってない
どこでデビューさせようか、西穂あたりかな
HELLAS(エラス) マウンテン 8.0

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by HELLAS(エラス) マウンテン 8.0 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック