登山用品個人輸入の落とし穴(2) Trekkinn口コミ

さて、返品交換は果たしてうまく行ったのか?

返品番号をお知らせしますよとメールがあって3日経過、その後何にも音沙汰なし
一体どうなっているのだ?もちろん迷惑メールフォルダも毎日チェックしているが、それらしきメールは一切ない

だんだん不安になってきた、スペイン人なんてラテン系の国民性だからそもそもいい加減だし...

サイトをよーく見てみると、連絡方法はメールの他に電話番号も書いてある
スペイン語なんてしゃべれないしなー、と思ってたのだがよく見ると国番号が「81」...
てことは番号は日本じゃないか、市外局番は3から始まってるので東京だ
画像



なんだ、この方が手っ取り早いじゃないかと思って、電話を掛けるがいつコールしても回線が混みあっている旨の英語のアナウンスが繰り返されるだけ
本当にオペレータなんているんだろうか?
結局、いつ電話してもつながることはなく、電話連絡は断念

段々心配になってきた。72時間はとっくに経過したので4日目にこちらから返信メールがない旨のクレームを送ることにする

・今回の商品相違と何の連絡もないことに失望している
・至急返品の手続きを連絡されたし
・差額返金での解決もOK(その方が互いに時間とコストをセーブできる)

上記の内容を英文にして、いずれにしても早く連絡が欲しいと付け加えてメールを送った

すると翌日(最初に連絡してから5日目)になってようやく返品方法が書かれたメールが送られてきた
なになに?、DHLを手配したので専用ページにアクセスしてくれと、そうすればDHLが集荷に来ると
それと、商品交換ではなく返金にしか応じられないと

なんだと、返金にしか応じない?
ここら辺は欧米人のやることだな、合理的にしか物事考えないんだな

だけど感心したのはDHLが集荷に来てくれるところ、お客さんを煩わせない心遣いはにくいね
ただ、DHLのページはわかりにくい、ちょっと貿易の知識がないと理解できないぞ
画像


どうにか書類をそろえて、自宅でDHLを待つ
指定した時間にやってきたお兄ちゃんに商品とインボイス、それとAirWayBillを渡した
返品費用は一切請求されず、どうにか無償で業者に渡すところまではできた

TREKKINNによれば商品到着後すぐに返金手続手続しますと書かれてる
はたしてうまく行くのか? さらにドキドキの続編に続く

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック