ロシニョール フリーベンチャーの不具合

本格的なBCスキーはやらないけど(やれない、笑)
ちょっとしたところを滑り降りたいとか、シール登降で楽したいとか思うことがある

そんな時、悩ましいのが靴
登山靴なのかスキーブーツなのかということ

スキーブーツならスキーは問題ないが通常の山登りモードのときは重いし、足首は固定されるし
長時間歩行は相当に辛い

かといって登山靴で普通のビンディングに装着可能かというとこれまた無理

スキーも山登りの一部と考えればシールで登るのが一番楽
となるとスキーブーツということになるのだが、スキー外してる時間の方が長いとこれまた難しい

そんな悩みを抱えた登山者に、普通の登山靴(といっても前後コバつきの冬靴)でも履けるスキー
という触れ込みで、知る人ぞ知るスキーが

「ロシニョール フリーベンチャー」

画像

(ロシニョールとしてはディスコン、現在はSTCというメーカーからスキーベンチャーという名前で現役で売られている、写真はSTCのスキーベンチャー)

長さは99㎝、重さ2.8㎏(両方で)
シールつきで、ソフトブーツアダプターをつければコバの無い靴でも使用可能
クトー(アイゼン)も装着可能で、登降モードのアジャスト可能

こう書くと、登山もスキーも両方やりたい人向けの夢のスキーという風に聞こえるのだが
現実はそんなに甘くない、スキーはやはり中途半端らしいのだ
スキーブーツのようにがっちり固定されるわけではないので、外れやすい
外れても流れ止めはついていないので足首に紐を巻き付けて身体から離れないようにする

ちょっときついターンになると靴は簡単に外れる
後傾になりやすくこれで滑るのはかなりのテクニック要する

などなど、ネット上ではかなりな書かれようなのだ
そんなフリーベンチャーだが、ヤフオクではそこそこ人気があって大体2万から3万くらいで取引されてる
今でも根強いファンがいるみたいなのだが

ここでこれから入札しようとしているあなたに忠告したいことがある

フリーベンチャーはソールが剥がれるという傾向不良がある

これもネットで調べればいくらでもこの不具合についての情報はある
ただ、修理可能なようなことを書かれてはいるのだが、実際修理は不可能に等しい

というのも、私もネットで落札したのだが、ソール剥がれの不具合があった
出品者はそのことを隠して出品していたひどい出品者だったのだが(涙)

全国的に定評のあるスキーチューンアップショップで診てもらったのだが
ベロンと剥がれてしまったソールはメーカーでない限り修理不能
仮に接着剤でうまくくっつけたとしても、板に乗って上下動してるうちに簡単に剥がれますよと
そんな剥がれることが分かってるぞんざいな修理は当社では請け負いかねます

というものだった
泣く泣く返しオークションに出品した、もちろんジャンクとしてソール剥がれのことも書いた上で
落札されたのは自分が落札した値段より2500円くらい安かった

これも仕方のないことといえばそれまでなのだが、ちょっと考えれば素人の自分の技術では修理不能なことは
わかったはずだったのだ、この点は大いに反省すべきだ

このソール剥がれの不具合はSTC社に引き継がれてからはなくなったようで、ロシニョールのものに多発している
全数不具合かは分からないのだが、経年劣化で剥がれることを覚悟して入札することをお勧めします

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック