スピードハイク用にトレランザックを買いました

トレランはできないけどスピードハイクは好き

つまり山で走るようなことはできないけど、1泊2日や2泊3日といった行程を速く歩いて日帰り登山というのが自分のスタイルだったりする

前から持ってたホグロフスの25Lザックがだいぶ傷んできたのでヤフオクで処分し、代わりに買ったSalomonが残念ながら自分ではあまり使えないザックで返品してしまった

ガチのトレランではないけれど、軽快なザックで山を歩き回りたい
Salomon以外でもう一度ネット探索したところ

メーカーとしては
UltimateDirection
RaidLight
NATHAN
Inov8
などなど数多ある、ビッグブランドのMAMMUTやHAGLOFSなどもトレランザックを出していたりはするのだが、これらトレッキングザックも扱うブランドはトレラン界では新参者というか、一般の山道具メーカー扱いされてて、これは!というのが正直見当たらなかったりする
(たしかに、HAGLOFSは使っていても中途半端感が否めなかったのだ)

そんな中、さんざん迷った挙句ポチッとしたのがRaidLightというフランスのブランド
トレラン専門でハイドレーションパックやボトルフラスク、その他トレラングッズを展開している
買ったのは14LのTrail XP14というやつ
画像

ショルダーハーネスにボトルフラスクを装着できて、もろもろ入れるためのポケットも多数ついてる
まぁシンプルなザックもいいんだけど、小分けされてるポケットって取り出す時にすぐにアクセスできる使い勝手の良さがあるんだよね、ガサゴソ探す手間が省けて
画像

ヒップベルトというか腰のあたりにあるポケットは左側が大きめのシングルポケット
右側のは二重ポケットになっていて外と内で違うものを入れられる
画像

そんで左の大きめのポケットはスマホや音楽プレイヤーを入れて専用のケーブルでショルダーハーネスにつながっているというギミックだ
ここからイヤホンで登山中に音楽が聴けるというもの
画像

しかしこれは正直いらない、てか使う前に外してしまった
だって登山中に音楽聴いたりしないし、汗の水分と塩分で壊れそうだし、なんかこういうのって好きになれない
画像

でも14Lもあるので結構物は入る
背面についてるストックホルダーも、最近の三つ折りタイプのポールが具合よく収まるサイズでグッジョブ
画像

ウェストのハーネスにRaidLightのロゴの入ったチューブ?みたいのがついてるけど、これイラネ
なんかの飾りかもしれんがぶかぶかなのですり落ちてきて無くしそう、これも使う前に外しました

そんで早速実戦投入、これ担いで塩見岳と小河内岳を日帰りでダブルピストンしてきたのだけど実に具合よかった

トレランザックって背負ってるっていうより着てるって感覚なのでザックに後ろから引っ張られるような感覚がない
むしろぴたっとくっついてくる感じ

ただその分汗は吸い取る、1回使うたびに洗濯しないと次の山行の時に酷い思いするだろうな
しばらくはこいつの出番が増えそうです


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック