白山 楽々新道 全然ラクラクじゃないガクガク新道じゃないの?

今年3回目となる地元のお山白山に登ってきました

今回はソロではなく健脚揃いの友人との登山だったので、車2台を使って白山を南北に縦走しようということになり、別当出合を出発点とし新岩間温泉に下山するという計画を立てました。コースはこんな感じですね

市ノ瀬 ⇒(バス) ⇒別当出合 ⇒甚之助 ⇒黒凹岩 ⇒室堂 ⇒御前ヶ峰 ⇒大汝峰 ⇒七倉の辻 ⇒岩間道 ⇒小桜平避難小屋 ⇒楽々新道 ⇒新岩間温泉

総距離は20㎞、CT12時間30分

始発のシャトルバスに乗り、一路別当出合へ、それにしても北陸新幹線効果なのか山ブームなのか早朝の市ノ瀬は早くからバス待ちの長蛇の列、賑やかなのは結構なことで

いつもの通り鳥居の前で一礼をして別当谷の吊り橋を渡り登山開始です
最初のうちはペースも早い

NHKのにっぽん百名山で白山の時にガイド役をしていた宮下さんにお会いしました、色々お花の名前を教えてもらったり
なんと室堂スタッフへの差し入れのスイカとかぼちゃを歩荷中だそうで、ご苦労様です

8時半前には室堂到着、結構いいペースでこれてる
室堂ビジターセンター前で休憩じゃ、と行ってみてびっくり
画像


人・人・人・・・
なんじゃこの人の多さは

なんだか室堂の神社でモチ配り的な神事をやってたらしく、みなばら撒かれたモチを手に大喜び
へー、そんなのやってたんだ

なぜか1個だけもらってご満悦 笑

カップラを食べてから御前ヶ峰へ登る、大体30分くらいですかね
頂上も室堂と同じで大混雑
山頂標柱前は記念写真の行列ができてました
画像


大混雑の御前ヶ峰はさっさとスルー
そこから先はぐんと人も少なくなり、静かな白山を満喫

お池めぐりから大汝峰、そして御手水鉢、七倉山方面と進むにつれて人は少なくなる
画像


大汝山頂
画像


大汝小屋、いざという時は緊急避難的に使える
画像


不思議な天然のバスタブ「御手水鉢」、なんで水が枯れないのだろ
画像


そして4つの登山道が集まる七倉の辻

ここから先は未体験ゾーン、知らない道を歩くというのはワクワクするもの

ところが岩間道に入るとこれまでの快適な登山道とはちょっと様子が違う
画像


まず、踏み跡が薄くまた刈り払いもされていない道はまさに道なき道
なんとなく道なんだろうなというところを選んで歩くのだが、浮石の上に乗ったりしてとても危険

天気もガスがかかってきて不安な空気に拍車をかける
さっきまで見えてた地獄尾根も見えにくくなってきた
画像


刈り払いされていない道は高山植物を踏みつけて歩くような道で、一体どこを歩いてるんだかわからなくなる
見返り坂との中間の鞍部からは刈り払いされてて急に歩きやすくなったのだが...

それもつかの間、今度は登山道は泥濘地帯と化す
とにかくドロドロ、それに加え前日に降ったゲリラ豪雨のせいで途中池のようになってる個所も
画像


またジャングルのような蒸し暑さ、滑りやすい苔むした岩、そしてロープを頼りに降る急斜面
そしてこれが延々と14㎞も続くのだ

精神的にかなり疲れた頃に樅ヶ丘という楽々新道と岩間道の分岐点に到着した
岩間道は途中から林道になるので、こっちの方がいいかなとも思ったのだが、なんと通行止め
ロープで遮断されてる

しかたない、かなり距離はあるが楽々新道を歩くしかない
意を決して左に道をとる、ほどなくして見えてきたのは小桜平の避難小屋
きれいな湿原にあるこれまたきれいな小屋だ、地図によれば2010年新築でまだ木の香りがする
画像


泊まってみたいが、ここに泊まりに来るには楽々新道を登る必要があるわけでそれを考えるとちょっと躊躇してしまう
道は一旦平坦になるが、基本下り基調でところどころ急坂が混じる
道の状態は相変わらずドロドロ、西側の斜面に道がつけられているところは比較的乾いているが東側は本当に酷い

どこまでも永遠に続くように思われる長い道、これはなぜかというと樹林帯であることで周りの景色が全く見えず変化が極めて乏しいためだ

地図上でキリドメと書いてある平坦地?どこなのかは判然としないが、道はキリドメから先逆さ落としの急傾斜となる、なんだかすごい古木の森なのだ、うっすら霧がかかって雰囲気のある森だこと

よほどひどい傾斜と覚悟していたのだが思いの他?緩斜面もあったりして、案外早く丸石谷林道との合流点に着いた(ここが楽々新道登山口)
画像


やったー、やっと到着した、ここからさきはコンクリート舗装された林道歩き、ドロドロの道とはおさらばじゃ
と思ったら今度は「オロロ」の襲撃に遭う

この「オロロ」というのは山に生息するアブで正式名称は「イヨシロオビアブ」というらしい、吸血昆虫なのだ
これがところ構わずぶんぶんあたりを飛び回って、露出してる皮膚はもちろんタイツの上からでも刺す
二酸化炭素と黒い色に反応するので、黒タイツなんか履いてるともうたまったもんじゃない
画像


這う這うの体で車が止めてある新岩間温泉まで走って戻り、ようやくこの長い長い山行が終わったのでした
あー、疲れた。もうこの道は歩かないと心に誓ったのでした


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック