Patagonia アズハイブリッドフーディを買っちまった

冬山用ソフトシェル

そう、これってハードシェルと違ってなんとも物欲を刺激するウェアなのだ
なぜかっていうと

・ハードシェルってなんだかスーパーカッパで、ゴアだH2N0だって機能面の差がそれほど実感できない
・ソフトシェルは裏地の起毛具合とか素材の違いが結構肌触りのちがいとか生地の伸びとかに出やすい

なので、登る山のグレードとか気温とか天候とかでいろいろ持ってた方が使いまわしが効く(と勝手に思っていたりする)

今まで来ていたのはHAGLOFSのULTA HOOD
ゴアのWINDSTOPPER Softshellでシリーズの中ではFLEXABLE素材よりは一段上の扱いだ

結構お気に入りで登板回数も多かったのだが(冬山で使えるソフトシェルがこれしかなかったというのもあるが)
やはり少しへたってきたのと、デザイン的にどうよ?と思うようになってきたからだった

そんなこと買った時に思えよ、感じろよってことなんですが、はいそうなんです、そう思っててずっと着続けていたんです
気になっていたんです

なんだかスリムフィットじゃないんですね、胴回りがスカスカというかすんごく寸胴な感じなんですよ
それとフードがヘルメット対応じゃないこと、こんなことが気になりだすともうダメなんですね

そんな時にパタゴニアのサイトを覗いていて気になったのが
Adze Hybrid Hoody アズ ハイブリッド フーディ
画像


でも代わりのものを買うとなるとそれはやはりお金のことも心配なんで
めったやたらにポチるわけにもいかないし

どうしようかずっと悩んでいたんですが、そうこうしてるうちにPatagoniaのセールが始まっちゃったんです
うまい具合にね

定価27,000円が30%オフの18,900円
「これって買いじゃないの、今しかないんじゃないの、定番品がこれだよ、もうすぐなくなっちゃうかもよ」
って悪魔のささやき

そんで、もう一方の脳内では
「お前さんそんなに山道具ばっか買ってていいのか?、少しは家計のことも考えなきゃいかんだろ、大体いまもう持ってんだろ?そのソフトシェルクラブ?ん?カニかそれ?」
って極めてまっとうな天使の意見

こんな時どっちが勝つってそりゃもう悪魔が圧倒的に有利なんであります
理屈でいえば天使のゆーとおり、でも最後には悪魔が勝つんです、いつもね 笑
画像

さぁ、悪魔の勝利宣言の後にポチリましょう、でPatagoniaのサイトを覗いてみると
あれ?れ?、欲しい色のサイズがグレー表示になってるけど、これって...もしかして
ガビーン、ほら天使がごちゃごちゃ言ううちになくなったやないかーい 涙

なんと天使と悪魔が脳内フィールドで戦いに明け暮れてるうちに、欲しい色のサイズが売り切れてしまったのだ
こんなことってあるのかわずか1日足らずのことなのに

もう寝込んでしまうくらいショックを受け、もうPatagoniaなんていらないやい
って好きな人にフラれたんで、思い出さないようにしてたんですね

そうしたら、またお便りが来たんですよPatagoniaから
ファイナルセールやります、今度は30-40%オフって

んでアズハブリッドフーディ見てみたら、40%オフになってる!!
16,200円じゃまいかー 嬉、驚、涙
恐る恐る欲しい色のサイズ見てみたら、なんとグレー表示ではなく白表示になってる!!

はい、ポチッ、マウスがクリックで壊れるんじゃないかってぐらいの勢いでポチリました
墜ちるのに1秒いらないくらいの速さでしたね 笑

で待つこと2日、ついに我が家にお越しくださいましたアズハイブリッドフーディ

これいいわ、マジで
なんていうか縫製もそうなんだけど、丁寧に作られたものって風合いが違うんですよね

フードもきちんとヘルメット対応でちょっと大きめなんだけど、ヘルメット被ってない時もしっかりしてる
そしてレギュラーフィットと言いながらもちょっとタイトなつくりだったりする
素晴らしい出来栄え

ただずっしりと重めのウェイト
これは厳冬期でもいいだろうね
透湿性があって防風性も高い、ただし防水性は期待しない方がいい
ラッセルで雪がまとわりつくようなとこじゃなくて稜線を楽に歩けるようなところか、八ヶ岳なら南でも北でもいいかも

早くも次の山行が楽しみになってきたぞ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック