西穂高沢からの西穂高岳

以前のネタで積雪期限定のバリエーションルートについて取り上げたことがある
積雪期オンリー爺ヶ岳東尾根

このGWに登ってきたのは、西穂高岳
岳沢小屋からの人気を二分する、西穂高沢から雪渓を詰め上げるルートだ
もう一つは奥明神沢からの前穂高

GW初日の4月27日
早朝の上高地から穂高連峰
画像

岳沢湿原からの六百山、まだ観光客もいなくて静かな上高地
画像

岳沢小屋への登山道、通称「岳沢トレイル」に入っていく
画像

40分ほど登ると展望台といわれる開けた場所に出る
ここからこれから登る西穂高岳が大きく姿を見せる
画像

岳沢トレイルは登山口から岳沢小屋まで10番から遡って1番まで節目節目に番号が振られている
その6番標識を過ぎたあたりで目指す西穂高沢が真横に見えてくる
このあたりで岳沢を渡渉し(といっても涸れ沢だが)、西穂高沢の取り付きを目指す
画像

岳沢に降り立ったところで見下ろすと霞沢岳、眼下には上高地
画像

目の前には西穂高沢の白い雪渓ラインが西穂高岳直下までずっと繋がっている
画像

午前8時過ぎ、ストックをピッケルに換装しアイゼンを履いて西穂高沢へと取り付く
すでに雪は腐れ雪の状態になりつつある、これからさらに気温が上昇することが予想され先が思いやられる
画像

斜度がだんだんときつくなってくる、雪渓はデブリだらけで雪はかなり汚れている
細かい落石も雪渓の中に埋もれており滑落すればただでは済まない
画像

登り始めて1時間が経過、かなり高度があがってきた、前穂高と明神岳がきれいに見える
画像

AM10時、そろそろ主稜線が近づいてくる
前方には2,3のコルへ突き上げるルートと西穂の山頂直下に詰め上げるルートの分岐となる
画像

さて、どっちに行こうか、山頂直下へは少しトラバースしなければいけないが傾斜はここにきてさらに急になっている
トレースは2,3のコルへ向かうものはほとんどない、下山してくる登山者も山頂直下から降りてきている
画像

ここは先達に倣い山頂直下へのルートを選択する
この辺りからは一歩一歩が気を抜けない、しっかりアイゼンが効いていることを確認しながらの登攀だ

傾斜のきつい腐れ雪で体力がどんどん奪われていくのがわかる
喘ぐようにして雪渓を上り詰めるとテラスのような稜線に飛び出した
画像

ここからは山頂は指呼の先
稜線上にはすでに雪はなく、アイゼンとピッケルをデポして山頂へと向かう
画像

山頂到着はAM11時、雪渓末端からほぼ3時間かかった
画像

山頂からは槍ヶ岳
画像

奥穂高岳
画像

前穂高岳
画像

笠ヶ岳
画像

はるか遠くに白山も見える
画像

快晴無風の山頂を楽しんだ後、急傾斜の西穂高沢をピストンで降っていく
出だしの傾斜はちょっとビビるくらいの急斜面
画像

ここでの滑落は命取りになりかねないのでさらに緊張感を持って降っていく、一歩一歩確実に

傾斜が緩んでからの腐れ雪の降りは膝にやさしく、どんどん降れる
登りに3時間かかったルートもほんの1時間で雪渓取り付きまで降ってこれた
画像

西穂高沢からの西穂高岳、GWに上高地から日帰りするにはちょうどいいコース
15時には平湯行きのバスに乗って帰路につきました
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック