鹿島槍ヶ岳登山の巻

ここしばらくブログの更新をサボっていたので、今年の夏の山行を少しづつアップしていきますね

今回は7月に登った鹿島槍ヶ岳
柏原新道から日帰りで登ってきました
画像

なにしろ夏至直後ということもあって夜が明けるのも早いし、カモシカ山行にはぴったりの季節
スタート直後は真っ暗でしたが、午前4時にはこの通りしっかり山も見えてきました
針ノ木岳方面ですね
画像

今年は雪解けも早くて、例年だと柏原新道の雪渓が邪魔するんですが今年は雪切りもばっちりで何の問題もなし
画像

稜線に出た後は爺ヶ岳を目指します、7月初旬だとまだ雪が残ってましたね
画像

爺ヶ岳山頂から今日の最終目標である鹿島槍ヶ岳が大きく望めます
画像

そしてこの稜線からの絶景といえばやはり剱岳ですよね、三の窓と小窓の雪渓がここからだとよく見えます
画像

爺ヶ岳から冷池山荘までの稜線、結構アップダウンがあって樹林帯の中の蒸し暑いところもあったりして山荘についたころはもうヘロヘロ
小屋前のベンチで朝ごはん休憩にします
最近のご飯はアルファ米に麓のコンビニであらかじめお湯を仕込んでおいたものを食べてます
なんだかわびしいですが、結構いけるしザックの中でゴロンゴロン転がっても安心です 笑
画像

おなか一杯になったところで次のピーク布引山を目指します
途中に冷池山荘のテント場を横切ります
本当にテント場の中を登山道が横切ってる感じ、稜線上のテント場なんで風が強いときは厳しいだろうな
そういえば狭いのにテントをハイマツの中に張ってる人もいたな
画像

テント場を抜けると道は雪渓の上を歩くようなところもあって、梅雨の終わりとはいえ北アルプスはまだまだ春の名残があちこちに見られます
布引山への急登が目前に迫ってくるとそこはハクサンイチゲのお花畑
画像

このハクサンイチゲという花、チングルマと同様に白いお花で群生して咲きますが、花びらの白がより美しいというか、花の咲いている時期もチングルマよりも少し長いような気がして私は好きです

布引山の山頂からはいよいよ大ボスの鹿島槍ヶ岳
南峰と北峰が大きく迫っていて登高意欲をかきたてられますね
この時間帯にどんどん降りてくるのは冷池山荘の宿泊組でしょうか、みなさんご来光登山を楽しんだ帰りですかね
画像

南峰への最後の登りはザレ場のジグザグ道
斜度はきつくはないものの何度も折り返してすこしづつ高度を上げていきます
画像

そして本当のラスト、これから上を見ても青空しかないよというところで、後立山特有の黄色い山頂標識が見えました
鹿島槍ヶ岳山頂(南峰)、2889m
画像

山頂には誰もいません、しばし山頂独り占め
さっきまで見えてなかった後立山連峰の続き、五竜岳や白馬岳がよく見えますね
画像

五竜岳との間の稜線は難所で有名な八峰キレット
ここ鹿島槍ヶ岳から先は岩稜帯が続く
今回は日帰りピストンなので北峰へも行かず、南峰の山頂でゆっくりした後に下山の途につく
下山途中に同じような日帰りピストン組(軽装なのですぐ分かる 笑)にすれ違う
鹿島槍ヶ岳というとちょっと前までなら1泊2日が当たり前だったのだけど、最近はトレランブームなのか日帰りする人もずいぶん増えた印象ですね
画像

同じ日帰りだけど自分の場合は下山がとっても遅い、登りで足が売切れてしまうのとそもそも下りが苦手なのだ
ようやく種池山荘に戻ってくると、1泊2日で鹿島槍や針ノ木岳を目指す人たちで小屋周辺は大賑わい
画像

午後になるとすっかり信州方面からガスが湧き出してきて展望はほぼゼロ
駆け下るようにとはいかないけれど、柏原新道をさっさと下って登山口に帰ってきた

麓に下りると大町はちょうどそばの花が満開
また新そばの食べられる時期に訪れてみよう
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック