冬靴を個人輸入

以前にも雪山用の登山靴を海外サイトから輸入したことを書いたことがある

こうした個人輸入はネットショッピングの発達によって以前よりははるかにハードルが低くなった

今回買ったのはLa SportivaのG5というダブルブーツ
日本でのお値段は定価税込みで91,800円也、ワーオ

そしてこのLa Sportivaというブランド、とにかく代理店政策がきびしくて、海外ネットサイトでは輸出禁止となっていることがほとんどなのだ

Trekkinnという個人輸入には非常にありがたいスペインのサイトがあるのだが、Sportivaはそもそも対象ブランドから除外されている(日本からのアクセスだと表示されない)

それがごくごく偶に、人知れずひっそりと買えるようになっていたりするのだから油断ならない
しかもかなりお買い得な価格になっている

今回私が買えたのは12月の初旬、なにげなくサイトをチェックして、どうせ非表示なんだろうなと高をくくっていたのだが、なんとこの日は商品がずらり!
メンズの登山靴だけで27種類もの中から選び放題

そしてG5の価格たるや驚愕の53,962円
これに送料2,877円をいれて総額56,839円
日本で買うよりも-34,961円、38%引きだ

さっそくクリック、と思ったのだがこの靴サイズ合わせをしてなかった
適当に選ぶと大失敗する登山靴のサイズ選び
以前にも適当に選んで失敗したことがある(今回は学習した、えらい)

それで好●山荘へ飛んでいって、いかにも買いますよ的な雰囲気を出しつつG5を慎重にためし履き
もちろんいつも履いてる冬用のマイソックスも持参した(この辺ぬかりなし 笑、●日山荘さん大変申し訳ありません)
そんでマイサイズはEUR44がいいんじゃないかな、このワンサイズ小さいのだとEUR43になる
履いて履けないことはないがちょっときついように思える、微妙な感じ

ところがさらに悩ましいことにTrkkinnだと在庫が豊富で、欧州のオリジナルサイズ展開であるハーフサイズが選べる
つまりEUR43.5というのが買えるのだ
あー悩ましい、44だとちょっと大きいかな?でも43だときついような気もする、43.5を選びたいけどサイズ感が試せない....

PCの前で悩むこと15分、やっぱり履いてないサイズのものを選ぶのはリスクが高いということでEUR44をポチリ

それで待つこと2週間、ついにブツが我が家に到着しました

靴は関税率が高いので抜き取りで関税をかけられるとエライことになるのだが、今回の輸入に関してはノーチャージ
郵便局の配達員も受け取りのサインだけもらって帰っていかれました、めでたしめでたし

じゃーん、開封の儀です
画像

箱がぶっ潰れているのは個人輸入ゆえ致し方なし、これもご愛嬌、どうせ自分で使うもんだからね

おっとまず届いたものが注文とあっているかを確認、サイズも商品も間違いなし、よしっ!
画像

箱は潰れていたけど中身は全く問題なし
画像

いやーやっぱいいわG5、ダブルブーツ
画像

BOAシステムでダイヤル回してブーツ全体を締めこんでくれる
画像

これ履いて雪山行くぞ、楽しみだー

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック