テーマ:南アルプス

北岳・早川尾根をからめて 後編(小太郎山) 

翌朝、早々2時半に起床 前日仕込んでおいたアルファ米の五目ご飯を無理やり口に押し込んでさっさとテントをたたんで出発 昨晩はにわか雨が降って、テントをたたく音が少しやかましかったが、睡眠導入剤のおかげで割とよく眠れた 今日の予定は北岳なのだが、本命は実は小太郎山 100高山に選出されている山なのだが、北岳の北に伸びる小太郎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北岳・早川尾根をからめて 前編

毎年恒例のお盆休み長期縦走 これまで、槍穂高やら南アルプス深南部やらこってりと内容の濃い縦走をしてきた 今年も表銀座と裏銀座を4日間で一気に駆け抜ける計画をしていたのだが、いかんせん天気予報が悪い 梅雨も明けたというのに毎日雨続き お盆休みの8月11日からも全然よくなる気配がなくて 結局、8月13日から2日間で北岳に登…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南アルプス深南部 藪山賛歌

南アルプスの一番南、一般的には光岳とかせいぜい笊が岳 その光岳も百名山で訪れる人はそこそこいるが、ここを複数回登る人もそうはいないと思う (実際、光岳を百名山登山の最後にする人も多いと聞く) しかし登る人が少ないこともあって、どっぷり山に浸れる南アルプス、とりわけ深南部と呼ばれるエリア ここに興味を持って色々とググってみた 特に興味を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鋸岳はハードなノコギリだった ③

鋸岳の頂上はさほど広いわけではない、ガスガスで眺望も得られず さっさと下山することにした 第1高点と呼ばれる山頂からはさほど難しいところはなく、角兵衛沢のコルという鞍部に出る この鞍部から登山道は信州側に折れて戸台川へと続いていく 地図で見ても勾配が急なことは一目でわかる ただここまで来てもやはり踏み跡は薄いし目印…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鋸岳はハードなノコギリだった ②

六合目石室について小休憩 ここまでは道は大したことはない、踏み跡薄いものの普通に降りてこられるレベル 次のポイントは三つ頭から中の川乗越 石室を出てしばらく歩くと稜線上にこんな看板が なるほど、六合コースという旧道があったんですな たしかに踏み跡はあるけどかなり歩かれてなさそうな雰囲気 この辺りからいよいよ目印が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鋸岳はハードなノコギリだった ①

少し前ですが鋸岳へ登ってきました 鋸岳、南アルプスの北の端っこですね 200名山で百高山では94位のお山、標高は2,685mです 甲斐駒、仙丈ケ岳への登山口として有名な北沢峠の方からノコギリの歯のようなギザギザの稜線が見えますが まさにあれが鋸岳です、名は体を表すといいますが正にそのまんまのネーミングですね 今回のルートは北沢峠か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南アルプスマイナールート その③(熊ノ平~笹山~奈良田)

AM2:00 とぎれとぎれに目が覚めたり寝たりを繰り返していたが、3時出発に備えて本格的に起きる ツエルトをたたくプツプツという音が気になって顔を外に出してみると濃い霧 ひょっとしたら予報が外れて...なんて期待もむなしく星ひとつとして見えない 気分が乗らないまま昨晩仕込んでおいたアルファ米の山菜おこわを独りもそもそと食べる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南アルプスマイナールート その②(二軒小屋~熊ノ平)

2日目は長い、なにしろ二軒小屋から標高1500mを登り蝙蝠岳、そこからさらに北ノ俣岳を経由して仙塩尾根から熊ノ平というルート コースタイムは14時間10分 この間、テント場はおろか山小屋もない、塩見まで行けば塩見小屋があるがテント場がないのだ 以前は北荒川岳の近くにテント場があったらしいのだが今は朽ち果てそうな管理小屋があるだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南アルプスマイナールート その①(伝付峠~二軒小屋)

今年の夏山は梅雨明けこそ遅れたが、その後好天が続き山ヤさんにとっては最高の夏休みとなっただろう しかし、サラリーマンの身分としてはいい天気だからと平日においそれと休むわけにはいかず あんまり晴れの日が続くと後に自分の休みの番になって雨ばっかりになりそうな変な不安がよぎる 計画も北アだ南アだと脳内シミュレーションであーで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳳凰三山 夜叉神峠から広河原へ

鳳凰三山に登ってきました 山梨県側に登山口があってすごく遠いところなんだけど、百名山でもあり百高山が3つそれに付属してる高嶺というのも入れると4つも登れてしまう 登山コースとしては ●青木鉱泉からドンドコ沢というのを遡上して地蔵ヶ岳、観音岳、薬師岳とプチ縦走してまた青木鉱泉に戻る周回ルート これを御座石温泉から回るル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南アルプスのど真ん中塩見岳に登ってきました

南アルプスの盟主、塩見岳 南アのほぼ中心にある孤高の峰、どんと構えるカッコいい山 白根三山に登った時、仙丈ケ岳に登った時、そして悪沢岳に登った時もどこからもよく見えて存在感抜群の山 以前から登りたいと思っていたのだがアプローチが長く、登る機会に恵まれなかった なんせ車で行けば麓の大鹿村まで7時間、そこからさらに登山口…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南アルプスの山深さ

今までどちらかというと北アルプスを中心に登ってきた 家から近いというのはもちろんだが、なんといっても華やかなイメージがあり 山をやらない人に話しても理解が早い 「槍ヶ岳行ってきたよ」 「穂高に登ったんだ」 「へー、すごいとこ登ってきたんだね」 といった具合だ ところが、南アルプスになると 「北岳か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南アルプスの女王~仙丈ケ岳

仙丈ケ岳に登ってみた 残雪期の美しい小仙丈カールを見たくて5月に仙丈ケ岳に登ってみた 期待に反して全く雪がない もちろんところどころにはあるのだが残雪というにはあまりにさみしい積雪量 むしろ踏み抜き多発で歩きにくい 夏道と雪渓が8:2くらいの割合だったけど仙丈ケ岳山頂からは360度のナイスビュー 山道よりも北沢峠から歌宿まで…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more