テーマ:山道具

冬靴を個人輸入

以前にも雪山用の登山靴を海外サイトから輸入したことを書いたことがある こうした個人輸入はネットショッピングの発達によって以前よりははるかにハードルが低くなった 今回買ったのはLa SportivaのG5というダブルブーツ 日本でのお値段は定価税込みで91,800円也、ワーオ そしてこのLa Sportivaというブランド、とにかく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

La Sportiva Crossover 2.0 GTX を買っちまった

こんなマニアックなシューズ、買うことはないだろうなって思ってたんですけどね 本当はトレランシューズのAkyraってやつを物色していたんですが クロスオーバーも前から気になっていたんだけど、なかなかネットショップでも在庫のない店が多くて それがひょっと見たら並行輸入ショップで、欧州仕様のサイズ「43 1/2」が注文可能になってたので思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スパイダーキットの代替え品 KOVICAのガスストーブアダプターを買いました

プリムスのスパイダーキット この名前を聞いてピンと来る人は相当マニアックな山ギア愛好家 確か売られていたのは2006年ごろ 普通のガスストーブを平置きタイプの分離型のように使えるようにするためのアダプター 発売後に日本のガス検に引っかかって廃番品となった しかし、事故が起こった訳でもなく法令上の問題 ちょっとググるとその使い勝手の良さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

防寒テムレスにハトメで紐をつけてみた

防寒テムレス 今や冬山登山では定番グローブ 着用率がすごく高くて、ネットで噂になるとすごいもんだなと思う 但し、もともとは作用用の手袋なので、登山用の機能はまるでない 例えば雪が入りにくいようにそでが絞られてるとかいうこともない そんなところは割り切って使うしかないのだが、これはなくちゃならんというものもある それが流れ止めのコー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Patagonia アズハイブリッドフーディを買っちまった

冬山用ソフトシェル そう、これってハードシェルと違ってなんとも物欲を刺激するウェアなのだ なぜかっていうと ・ハードシェルってなんだかスーパーカッパで、ゴアだH2N0だって機能面の差がそれほど実感できない ・ソフトシェルは裏地の起毛具合とか素材の違いが結構肌触りのちがいとか生地の伸びとかに出やすい なので、登る山の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MSR ライトニングアッセントの強味

最近はスノーシュー山行に出かける機会が増えている 栂池自然園や冬の上高地なんかはスノーシューとしては最高のフィールドだ スノーシュー選びをしている中で圧倒的に人気があって他の追随を許さないのがMSRの Lightning Ascent(ライトニング アッセント) なんでそんなに人気があるのか どこが差別化のポイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なかなかやるじゃないかジョガーパンツbyユニクロ

前にこのブログで、冬山ではユニクロのヒートテックを着ちゃいけないと書いた なのだが、最近になってその悪い評判を覆すナイスな製品が出たので紹介してみたい ジョガーパンツ(ウルトラストレッチ) これ、どんな時に履くのかというと、冬山用のミドルレイヤー うってつけなのだ 例えば ボトムス Patagoniaキャプリ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

レトロな山専サングラス JULBO

雪山に登るようになって、ますます重要性を痛感しているのがサングラス とにかく晴天の日に雪山に登ったら、いたるところから太陽光が目に飛び込んでくる 雪目防止のためにサングラスは必ず着用するのだが、それでも雪山に登った日の夜はまぶたの裏が痛くて 目薬をささないと寝られないこともある そんな時、レトロな山道具の雑誌を見ていてこれはいけるん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more