山が好き メシが好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 南アルプス深南部 藪山賛歌

<<   作成日時 : 2017/04/20 16:56  

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

南アルプスの一番南、一般的には光岳とかせいぜい笊が岳
その光岳も百名山で訪れる人はそこそこいるが、ここを複数回登る人もそうはいないと思う
(実際、光岳を百名山登山の最後にする人も多いと聞く)

しかし登る人が少ないこともあって、どっぷり山に浸れる南アルプス、とりわけ深南部と呼ばれるエリア
ここに興味を持って色々とググってみた
特に興味を持ったのが光岳に南の尾根であるムギウネホツから登るルート

以前光岳に登ったのは茶臼岳から易老岳を経る一般ルート
この聞きなれないムギウネホツという尾根(いったいどういう意味か?)、破線なんだけど登山口まで林道もあるし普通に歩けるのかと思って調べてみたら
まぁとんでもない登山道だということが分かった、なにしろ登山口までの寸又川左岸林道が完全崩壊していて通れない
そんなこともあってムギウネホツも踏み跡薄いマイナールートに成り果てたそうな

そんなマニアックなことを調べていると(こんなことでネット検索するのが実は楽しかったりする)
南アルプスの深南部のバイブル的な本があることが分かった
画像

・「南アルプス 大いなる山 静かなる山 知られざるルート120選」 永野敏夫・正子著/黒船出版/2000年
・「南アルプス・深南部 藪山讃歌−知られざるルート94選」(永野敏夫/羽衣出版)/2010年

両書とも永野敏夫さんという方が書いておられるのだが、その山行は藪山をこよなく愛し、一般登山道は殆ど割愛されていて山と高原地図では道すら書かれていない尾根や沢を紹介している

従って藪漕ぎや渡渉は必至だし、テント泊もビバークが前提、なにしろ藪漕ぎ登山にはピッケルよりも鉈が有効だと書いているほどの藪山指向のガイド?なのだ

ところがこの本、出版されてから7年が経過し、そこらの本屋ではちょっと手に入らない
静岡県辺りではわからないが(南アルプスの入り口、畑薙ダム近くの白樺荘で販売しているとのうわさも)
Amazonでは在庫切れだし古本屋サイトでもなかなかヒットしない
それが意外なことにカモシカスポーツの通販サイトで手に入った

なかなか訪れる機会の無い南アルプス、それのさらに深南部
今度行くのはいつになるだろう?その機会に思いをはせて今はじっくりとこの本を読みふけっている

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
南アルプス深南部 藪山賛歌 山が好き メシが好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる