槍穂高の秘境~北穂池~

2日目の朝、小屋の布団でぐっすり眠れた 早々に起きて朝食を自炊でとる 今日も槍穂高のバリエーションルート、北穂池へと向かう ざっくりとした行程は 南岳小屋→大キレット→A沢のコル→北穂池→北穂東稜→涸沢→上高地 まだ暗く寒い中を大キレットに向けて下る 獅子鼻岩からどんどん下る、こんなに下ったっけ?と思うほど …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

槍穂高の秘境~黄金平~

昨年秋、以前から虎視眈々と狙っていたエリアに足を踏み入れてきました そこは、人がわんさか訪れる槍穂高界隈にあって、訪れる人もまばらなバリエーションルート 大キレットから東側に展開する広々としたカール、なんでここに登山道がないんだろう? なんて不思議に思ったこともあった 正式名称は横尾本谷 有名な涸沢カールへ向かう登…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超電導リニアに乗ってきました

これもまた少し前のお話になってしまうのですが、昨年11月の初旬に山梨県にあるリニアモーターカーの試験線 その体験試乗会というのに参加してきました ずいぶん以前から体験試乗会というのが開催されていて、年に3回くらいあるのかな、それぞれ7日間くらい、だから延べ21日、1日あたり6便運行されてて其々定員が150名 だから1年間で 21x6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毛木平から信濃川源流を通って甲武信ヶ岳へ

ちょっと前、昨年の11月に甲武信ヶ岳に登ってきました 一昨年に山梨遠征したときに体調不良で登れなかった山です また山梨側から登ってもよかったのですが、少しでも運転距離の短い方ということで信州川上村から 川上村というと長野の東の端っこなんですが、川上犬という日本犬の固有種で有名なとこですね (なんでも日本オオカミのちが混じってるとか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019初登山は北八ヶ岳

正月明けの4日、全国的にもよく晴れた日に北八ヶ岳は天狗岳に登ってきました 久しぶりの雪山、それも八ヶ岳、朝からテンション上がりっぱなし 積雪は少なめで渋の湯からの登山道は石の上に雪がうっすら乗っている程度 1時間ほどで黒百合平に到着、黒百合ヒュッテ前はそこそこの人出 ピーカンの天気でテント泊も楽しいでしょう 中山峠からは本格的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬靴を個人輸入

以前にも雪山用の登山靴を海外サイトから輸入したことを書いたことがある こうした個人輸入はネットショッピングの発達によって以前よりははるかにハードルが低くなった 今回買ったのはLa SportivaのG5というダブルブーツ 日本でのお値段は定価税込みで91,800円也、ワーオ そしてこのLa Sportivaというブランド、とにかく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

0合目からの富士山

日本の3000m峰は全部で21座あるそうな(諸説あります) 数えてみるとほとんど登ったことがあるのだが、唯一残されたのが天下の富士山 初めての富士山、通常パターンだと吉田口新五合目から出発して中腹の山小屋に一泊、翌朝山頂でご来光眺めて下山 というパターンかと... でもなにか思い出に残る富士登山にしたい、できれば昔の登山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏山定番、涸沢からの奥穂と北穂

今年(2018)の海の日の3連休 ど定番なんですが涸沢をベースにして奥穂高岳と北穂高岳に登ってきました 海の日でしかも好天予報、上高地BTは早朝にもかかわらず午前五時から大賑わい というか朝一番乗りを目指す人が多いのでこの時間帯のほうが余計混雑してるんでしょうね バスターミナル横の登山相談所で登山届け出していざ涸沢へ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿島槍ヶ岳登山の巻

ここしばらくブログの更新をサボっていたので、今年の夏の山行を少しづつアップしていきますね 今回は7月に登った鹿島槍ヶ岳 柏原新道から日帰りで登ってきました なにしろ夏至直後ということもあって夜が明けるのも早いし、カモシカ山行にはぴったりの季節 スタート直後は真っ暗でしたが、午前4時にはこの通りしっかり山も見えてきました …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百高山ってなんだろう

なんと5月以来のブログ更新 最近山登りしていないわけではないのだが、ものぐさでついつい更新していなかった そんな山登りのレコはまたの機会に譲るとして 最近ふと思ったのが百○山というコレクターズアイテムについて 百名山だ花の百名山、二百名山やら三百名山 そう、日本人はこういったスタンプラリー的なアクティビティが大好き …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西穂高沢からの西穂高岳

以前のネタで積雪期限定のバリエーションルートについて取り上げたことがある 積雪期オンリー爺ヶ岳東尾根 このGWに登ってきたのは、西穂高岳 岳沢小屋からの人気を二分する、西穂高沢から雪渓を詰め上げるルートだ もう一つは奥明神沢からの前穂高 GW初日の4月27日 早朝の上高地から穂高連峰 岳沢湿原からの六百山、まだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上州に名山あり”武尊山”

上州武尊山 ”ぶそんやま”と読んでしまいそうになるが、”ほたかやま” 穂高岳と混同しないよう上州武尊山と呼ばれることが多いのだとか 正直、百名山でなければ登ることもなかったかもしれない でも百名山だからこそはるばる群馬までやってきた 武尊山は積雪期に登るのがいいと言われている 川場スキー場のゲレンデリフトが利用で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜 菊名 洋食サンロード

東急東横線 菊名駅 学生時代にここに住んでいた 駅周辺の狭い道路にバスが入り込んでいて、雑多な雰囲気の漂う街 駅前にあったこじんまりとした洋食レストラン「サンロード」 よくある町の洋食屋 ナポリタン、ミートソース、ハンバーグにミックスフライ 学生時代、バイト帰り、もうお腹なんか空きすぎて感覚失うくらい とても家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ついに日本上陸 ビャンビャン麺 とても美味しい西安麺料理

以前蘇州に旅行した時に食べた、西安麺料理のビャンビャン麺 ビャンビャンの字は世界一画数の多い漢字が当てられていて、それだけでも面白いのだが、その味の方もすごく美味しかった 日本では食べられないと聞いていたのだが、横浜中華街を探索していると、蘭州牛肉拉麺とかいうお店で食べることができると聞いて行ってきました ビャンビャン麺は店の看…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬季限定 百四丈滝 純白の巨大氷壺

北部白山に百四丈滝という幻の滝がある 加賀禅定道という白山一里野温泉から四塚山に至る尾根 この登山道の途中からしか望むことができない幻の滝 落差94m 百四丈というからには1040尺、メートルに直すと315mということになるが 現実はその1/3程度だ 昭和62年に廃道だった加賀禅定道が復活を遂げ、それまで幻とされて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

積雪期オンリー爺ヶ岳東尾根

積雪期にしか登れないバリエーションルートというのがある 有名なところでは 涸沢岳西尾根 西穂高岳西尾根 西穂高岳西穂高沢 前穂高岳奥明神沢 爺ヶ岳南尾根 鹿島槍ヶ岳東尾根 などなど どれもこれも尾根筋か雪の詰まった沢を詰めていくというものだ 距離の長いものからナイフリッジの続く危険なものまでいろいろ そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本三大急登を登る~谷川岳西黒尾根

国境の長いトンネルを抜けると雪国だった その逆コース、越後湯沢から上州水上へ国境の長いトンネルを抜けると 拍子抜けするほど雪は少なくなった 今回は積雪期の谷川岳を登るために遠路はるばるやってきた(片道330㎞) 高速代とガソリン代をケチるために、上越から六日町までは国道253号線、3mはあろうかという雪の壁に囲まれた道を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士を眺める秀峰 ~大菩薩嶺~

昨年11月の山行ですが 奥秩父遠征時に大菩薩嶺に登ってきました 登るといっても登山口の上日川峠が標高1580m そして山頂が標高2056m 標高差は500mにも満たないハイキング気分で登れる百名山です 上日川峠の駐車場についたのはAM6:30、駐車場はまだ余裕あり ロッジ長兵衛の脇から登り始める。登山道というより公園…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

La Sportiva Crossover 2.0 GTX を買っちまった

こんなマニアックなシューズ、買うことはないだろうなって思ってたんですけどね 本当はトレランシューズのAkyraってやつを物色していたんですが クロスオーバーも前から気になっていたんだけど、なかなかネットショップでも在庫のない店が多くて それがひょっと見たら並行輸入ショップで、欧州仕様のサイズ「43 1/2」が注文可能になってたので思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018第二弾は北陸のスノーシューのメッカ取立山

北陸の冬と言えば、陰々滅滅とした雪雲、一面グレーの世界 ちょっと晴れていてもすぐに雨雪になるとても変わりやすい天気 そして太平洋側とは比べ物にならないくらいの豪雪地帯 雪山と言ってもそこにアプローチする術さえ失われてしまう そんな中で、白山山系にあって比較的登りやすい山 それが取立山 標高は1307mと決して高く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more