HAGLOFS GRAM25で唐松岳・不帰の嶮をスピードトレック

北アルプスに比較的近いところに住んでいるせいで、どりらかというと日帰り登山が多い

なるべくザックは軽くしてさくっと行ってこれるところがいい

なので軽いザックが欲しかった、だけどトレラン用とかだとあまりにも容量が小さい
(5Lとか8Lとかね)
やっぱストーブと食材担ぐこと考えると25Lは欲しい、でなるべく軽いものをと探してたら
ありましたよHAGLOFSからそんな山行にぴったりのザック

GRAM25
画像


このGRAMシリーズはHAGLOFSのスピードハイク&トレランのシリーズだったintenseから派生したものと考えた方がいいのかな

ザックは7L、15L、25Lのラインナップだけどこの25Lだけが一本締めのトップローディング
容量としては25Lが欲しかったので迷わずこれをセレクト

だけどこの25L、実は2つのタイプがある

A GRAM COMP25
B GRAM 25

容量は同じなんだけどスペック的には全然違う、まず重量

A 425g 30デニールと75デニールを使い分け
B 550g 75デニール

その差125g、この差は大きいのか?いやいやトレランならこだわる部分かもしれないが、そもそも日帰りハイクなので125gの差は中に入れる荷物次第でどうとでもなる。ここは重量差は無視することにした

なら機能の差は?僕が気にしたのは以下の2点

ハイドレーションの位置
A ザックの中
B ザックの外にセパレート

画像


天蓋にポケット
A なし
B ジップポケットあり

画像


つまりこの辺の差と軽い繊維をつかってることでAの方が軽い
では価格差はというと

A 18900円
B 17850円

これはもうBでしょ、機能面充実してて安いんだものww
十分に事前調査した上で、実際購入したのはUKのネットショップ、新製品なのにセールやってて、当時(2012年の6月)は円高だったこともあって(125円/ポンド位だった)、たしか13000円位で買った記憶がある
送料含めても日本で買うより安かったww

実際に背負って感じたのは想像以上に軽いってこと、まぁ中身が少なかったこともあるけど軽いっていいことだわ
疲れ方が全然違うもん
それと天蓋のポケット、これはあった方がよかった。いちいちザック開けずとも地図とか小銭とかちょっとしたもの入れておけるのは便利だった

それとハイドレーションもセパレートがいい。なぜかってあのハイドレーションをセットアップするのってザックにパッキングした後のことが多いから
ザックの中に水をしまうのってなんかあったらってちょっと不安なこともある。その点ザックの外にハイドレーションのポケットがあるのは理にかなってる。ただ背中に直接ハイドレーションがあたるので水の温度がぬるくなってしまうので要注意

その他、細かいところでよかったのは
①サイドポケット、なんとコンプレッションできるのでペットボトルとか入れておいて走ってもバタつかない
画像


②ボトルホルダーとポーチ、GRAMシリーズ専用品なのでジャストフィット
画像


③ヒップベルトポケットがこのサイズのザックにしては大きくて使いやすい、コンデジなら十分収納可能
画像


実際に唐松岳へ登ったのは昨年2012年の8月、この日の八方尾根はもう最高のお天気、
八方池からの展望はこれ、今までで最高のお天気
画像


マツムシソウや
画像


シモツケソウも満開で
画像


これからこのGRAM25がいい相棒になりそう、こいつと思い出に残る山行ができそうだ
[ホグロフス] HAGLOFS GRAM COMP 25 375561-2C2-ONE 2C2 (青)
HAGLOFS(ホグロフス)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by [ホグロフス] HAGLOFS GRAM COMP 25 375561-2C2-ONE 2C2 (青) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

FuruFUru
2015年03月20日 02:35
はじめまして。

ホグロフス GRAM 25の使用感を探して、こちらに辿り着きました。
同じ様な理由で軽量のザックを探しており、候補の一つがこちらですが、実際使用されていかがでしたか?
感想などお聞かせいただけると有難いです。

唐突に書き込みすみません。よろしくお願いいたします。
2015年03月20日 09:53
FuruFUruさん こんにちは

コメありがとうございます
このザック使って3年目になりますが、夏山の日帰りというとこれをメインにしょってます
このザックのメリットはブログ本文に書いた通りなので、ここはあえてネガティブな点に絞って書きます、参考にしてください


まず、トレランのように走ることを前提とするとGRAM25はあまりお勧めできません、というのも走ると中の荷物がどうしても揺れてしまうんですね
ストラップである程度コンプレッションできますけどね、やはりスピードトレック用ですかね

専用のレインカバーがありませんのでサードパーティ製を買わなかればいけないのですが、なにしろ小さいので私はsea to summitのウルトラSILパックカバーのXXSサイズを使ってます

あと、ショルダーストラップに装着できるボトルホルダーとポーチ、とても使い勝手いいのですが、あえてマイナスポイントを言わしてもらえば
ベルクロで装着するのですが、これがウェアとこすれてしまい、ウェアの布地がボケボケになります、大事なウェアの場合は新品だろうが一日で毛玉だらけになりますので
それとボトルホルダーは底が1cm程度の布一枚でしか支えていないので、ペットボトルだとすっぽ抜けます。この点ホグロフスにクレームしたのですが、そもそもペットボトルは想定の範囲外なんだと...はぁ?って聞き返したら、NALGENボトルとかペットボトルよりも底の大きいものを想定して作られてるそうで...注意してくださいね

ただ、これらのマイナス面は実使用ではそれほど気になりません。総合的にはとてもいいザックだと思います。それとなによりおしゃれですしね、これしょって山に行こうって気になりますよ
FuruFUru
2015年03月20日 10:46
mountain trekker さん

早速の大変丁寧な感想、有難うございました。
よし! これで行こう♪
と目星をつけていたアマゾンにアクセスしたところ、、昨晩あった¥12500のものは売り切れ。(、、、そんな事ってあるんですねーーー涙)
ブルーは廃盤の様であまり見かけないのですが、ちょっと探してみます。お安めのお店(ハズカシ、、笑、、このブル-綺麗でいいですね ♪)

因みに、軽量タイプの方を買われた方の感想を見ましたが、フニャフニャするのでCOMPじゃないコチラを買えばよかったと書いてありましたよ。

何時か山でこのザック背負った写真を撮ったらお知らせします~ 
チビ(153cm)なのであまりカッコよくないかも(笑)
2015年03月20日 13:57
参考になれば幸いです

>と目星をつけていたアマゾンにアクセスしたところ、、昨晩あった¥12500のものは売り切れ。(、、、そんな事ってあるんですねーーー涙)

そうなんですよ、私も経験あります。これってAmazonあるあるですよね
(にしても12500円はお安い!)
辛抱強く待ってるとまた出てきますよ、きっと

お互いいい登山できるといいですね、どこかで見かけたらヨロシクです(笑

この記事へのトラックバック