2018第二弾は北陸のスノーシューのメッカ取立山

北陸の冬と言えば、陰々滅滅とした雪雲、一面グレーの世界
ちょっと晴れていてもすぐに雨雪になるとても変わりやすい天気

そして太平洋側とは比べ物にならないくらいの豪雪地帯
雪山と言ってもそこにアプローチする術さえ失われてしまう

そんな中で、白山山系にあって比較的登りやすい山
それが取立山

標高は1307mと決して高くはないのだが、福井と石川の山間部を結ぶR157からすぐ登れる気楽さもあって
毎冬になると多くの登山者でにぎわう

登山口であるR157福井県側の東山憩いの森入り口に着いたのはAM7時
すでに何台かの車が止まっていて、皆さん準備をしているところ
画像

出だしからすぐに積雪があるので最初からスノーシューをつけてもOK
登山道はよく踏まれているので最初のうちはツボ足でも大丈夫
画像

樹林帯の急登を抜けると夏季駐車場に出る
ここからは目指す取立山がよく見える
画像

反対側に目をやると大日山の雄姿
画像

夏季駐車場からは九十九折れの登山道を登り尾根に出る
尾根から先は山頂に向けて一直線
画像

右には経ヶ岳、正面には大長山や赤兎、そして白山がどーんと見えるはずなのだが
先ほどまでの青空は消え失せてかわりに西から雪雲がやってきた
画像

さすが北陸の冬、こんなグレーな天気がよく似合う
山頂からの展望を楽しみにしてきたのだがこれでは下山した方がよさそうだ
画像

標柱も雪の下になってしまった山頂でカップラーメンをすすり
そそくさと下山
画像

案の定下山途中から雪が降り始めた
画像

なんだかすっきりとしない不完全燃焼な登山ではあったが、今度は展望のいい時にリベンジしよう

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック